家族でも他人だと痛感した出来事

Published / by admin

去年の暮れから今年の年初にかけて、たぶん、年齢的なものに加えて引越しのストレスもあったんでしょう、軽く寝込んでしまう程度に体調を悪くしました。当然、仕事をお休みしたので実入りが悪くなり、いくらやりくりしても家計が追いつかない。

散々悩んだ末に実家に少々、援助してもらおうと思い電話でそのことを伝えましたら、今現在、実家を管理している長兄からワタシのケータイに山のように嫌味のメールが・・・・。かなり、凹みました。どうしてこうなったのか理由もきちんと説明したし、今は復職しているので、返せるあてはあること、でも無理だったり、嫌だというなら、一言、「できない」といってくれればいいだけの話なのに、どうも向こうにとってはそういう話ではなかったみたいで。

まぁ、昔からお世辞にも仲良かったとは言えないし、性格も考え方も変なところで頑固者の父親譲りなので、頼んだ自分が馬鹿だったと思い、あきらめて定期を解約して用立てることにはしましたが、もう少し物の言い方、ってものがあるでしょうが・・。